正しいメイクオフがまつげエクステを長持ちさせます

長い睫毛は、今や女性らしさの象徴と言っても良いほどに女性の関心を大いに集めています。最も手軽なのは繊維の入ったマスカラを使い量を多くしながら、少し長めに見せる事ですが、元々の睫毛の量や長さによってはあまり効果が出ない場合もあり、つけ睫毛をの利用が特に若い女性の間では人気があります。しかし、これは当然の事ながら化粧を落とす際に取れてしまい、次の日の朝にまたつけ直さなければならず、忙しい朝の時間に大変な負担です。そこで、時間を巧く使いたい忙しい女性達を中心に、まつげエクステが人気を集めています。髪につけるエクステ同様に、勿論一度つければそのままずっとというわけにはいきませんが、オフ剤を利用するか自然脱落してしまうまではそのまま残り続けますから、毎朝苦労してつけ睫毛をつける必要は無くなります。しかし、だからと言って雑な扱いをしていては、長持ちしませんしそうするとどうしても費用が嵩みがちです。アイメイクをする際には、あまり睫毛に負担が掛からないよう気をつける必要があります。そしてクレンジングの際には、オイル系のクレンジングは厳禁ですし、勿論コットンでゴシゴシ擦るのは絶対にいけません。つまり結局の所、お肌に優しいメイクやメイクオフの手法が、まつげエクステを長持ちさせるのに有効であるというわけです。

埋もれている毛や乱れた毛を整えてからまつげエクステを付ける

アイラッシュのコームを使って、事前にまつげのケアをしてからまつげエクステを付けるとよりエクステが長く持ちます。エクステを付けると、まつ毛が抜けやすくなるという相談がありますが、誤解です。まつげエクステを付ける時には、両目を開けたままで付けるのがポイントです。目を片目ごと閉じて付けた方が良いと思うようですが、より自然な状態に仕上げるには両目を開けたままの方がバランス良く付ける事が出来ます。まつげエクステをまつげに付ける時には、自分のまつげをあらかじめホットビューラーなどで流れを綺麗に整えておくのがポイントです。多くの人は、そのまままつげに付けてしまいますが、綺麗に装着する時には綺麗に整えるのが肝心です。テープで、まぶたを上に持ち上げるのもコツで、埋もれていたまつげを出せます。エクステを取り付ける際には、グルーの量にも気を付けます。量が少ないと、後からすぐに取れてしまいます。量が多いと、そのまつげの箇所が光ったり、エクステが綺麗に取り付ける事が出来ません。人工まつげの根元から半分ほどまでを、グルーの入った容器に入れるのがポイントです。均等に付き、綺麗に付ける事が出来ます。そのグルーは、熱が伝わりにくい容器に入れるのがコツです。そのグルーに、ちょんちょんと軽く付けるのは駄目で、粘着性の低いグルーの時には払わないのがコツです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*