まつげエクステにもOKのクレンジングオイルも

まつげエクステはサロンでしてもらうのが理想ですが、最近はネットなどでセルフ用がセットになって売られています。専用のクレンジング剤やリムーバーはなかなか店舗には売っていませんが、まつげエクステだけなら100円均一でも売っていますので、慣れるまではこういった手頃なもので練習するのも良いと思います。私が初めてセルフ用のまつげエクステを購入したのは、某大手ショッピングモール内の美容雑貨のお店でごく最近です。ショッピングモール内のランキングの常連ということで、安心して購入することができました。ピンセットやグルー、リムーバーなど必要なものがすべて揃ったセットなので初心者向けです。まつげはたくさん入っているのですが、やはり一番先になくなります。

そこでまつげだけを100円均一で買うようになりました。グルーやリムーバーはそんなにたくさん使わないのでそうたびたび購入する必要はありませんが、私の場合、グルーは大丈夫なのですが、リムーバーが目に沁みるので別の店で購入しました。まつげエクステをしている人は、クレンジングには注意が必要です。メイクをきれいに落とせるオイルタイプのクレンジングはまつげエクステのグルーまで落としてしまうので、ジェルやクリームのものを使います。これはもうエクステをしている人にとっては常識で、オイルフリーのものを必ず購入されます。

しかしまつげエクステが流行っている中で、クレンジングオイルを販売しているメーカーが危機感を覚えたのでしょうか、ごく最近、まつげエクステをしている方もOKというクレンジングオイルも発売されています。メイク落としは絶対にオイルタイプが良いという人は、こういう商品を使うと良いでしょう。まつげエクステ用のグルーはつけまつげ用のグルーとは違って、簡単には取れません。無理に引っ張ったりするとまつげまで抜けてしまいますので要注意です。長持ちさせたいと思っている時は、強力なグルーは嬉しいのですが、いざ付け替えようと思ったときになかなか取れないのは困ります。専用のリムーバーは使いやすく目に沁みないタイプが良いです。リムーバーは大抵クリームタイプで目に沁みないものも多いですが、やはり強力なグルーを落とすので中には沁みるものもあります。できればサロン専用のものを使うと良いと思います。少々お値段は高いですが、まつげが傷んだり、目に沁みて腫れてしまったりといったトラブルは少なくなります。目のまわりにバッチリメイクをする人は、ノンオイルタイプのクレンジング剤で優しくマッサージをしながら時間をかけてメイクをオフしていきましょう。ゴシゴシこするとまつげも変な方向に向いてしまいますので気をつけてください。